メンズ

迅速かつ正確な図面が引ける水道図面CAD|便利な車両管理システム

走行ルートのムダを省く

自動車

運送会社だけでなく、多くの顧客へ営業を行っている会社でも、会社で保有する車両を頻繁に使用するものです。車両の走行ルートは運転を行なう社員の裁量に任せられるので、会社によってはきちんと社員が効率的なルートを取っているかが懸念となります。周辺地域に疎い社員であれば、無駄な回り道を行ってしまうことがよくあります。目的地へ到達する時間が遅れれば、業務上の問題が生じるようになるだけでなく、走行させる車の燃料代もかさむようになるので、会社にとってリスクとなるのです。無駄なコストやリスクを減らすならば、車両管理システムの導入を行なう必要があるでしょう。システムを導入することで、会社が保有する車がどのようなルートを走行しているかが把握できます。効率の悪いルートを走行している場合、すぐに車内に取り付けた連絡機から支持を行なえるようになるので、車両管理システムにより不用なコストやリスクを排除することができるでしょう。

車両管理システムは、GPS機能と連動することで、車両の現在位置や道路状況をリアルタイムで確認することができます。大きな渋滞に巻き込まれた場合、目的地へ着く時間も遅れてしまうので、顧客への信頼を失うだけでなく、損害賠償を請求される恐れがあります。車両管理システムにより道路状況をいち早く察知できれば、適宜車両を運転している社員へ連絡し、渋滞を回避するルートを取らせることができるでしょう。GPSによる情報は社員の持っているスマートフォンへ送信できるので、ナビに従って安全に渋滞を回避することができるでしょう。車両管理システムでは、車の移動記録なども一台一台の情報を全て記録できます。高速道路の利用状況などもすぐに調べることができるので、事務処理を行なう社員の負担も大きく抑えられるでしょう。