男女

迅速かつ正確な図面が引ける水道図面CAD|便利な車両管理システム

いつでも内容を視聴できる

講義

社内でセミナーを開いた場合、会社内の業務に追われている社員が参加できないのが問題となります。オンラインセミナーであれば、ネットが使用できればいつでもセミナーの内容を視聴できるので、忙しい社員でもしっかりと周知させられます。CGを駆使したセミナーは内容も把握しやすいのも利点です。

More...

走行ルートのムダを省く

自動車

車両管理システムを導入することで、車両を走らせる走行ルートを効率的なルートへと指示することができます。目的地へ迅速に着けるほか、回り道をすることでの燃料代も節約できるでしょう。GPSの情報と連動させられるので、渋滞回避なども行なうことができるのです。

More...

多忙な弁護士も活用できる

会社

法律事務所で使用される管理ソフトは、たくさんの相談者からの案件をまとめる案件管理を行なえます。日時の記載もできるので、スケジュールに合わせて効率的に管理ができます。事務員の弁護士との作業連携も行いやすくなるので、事務員の業務負担を軽減する目的でも利用ができます。

More...

手作業に比べ効率的

スーツの男性

配管工事を行なう会社の多くが負担を感じているところといえば、水道図面作成による業務でしょう。水道管の図面を手作業で作成する場合、定規を用いて慎重に作成しなければなりません。水道図面に歪みや間違いがあれば、水道管の維持管理を行なう際に重大な問題が発生するようになります。水道図面にわずかな歪みがあれば、道路の掘削作業を委託した時、間違った図面に従って道路を掘ってしまうことで水道管を傷つけてしまうことに繋がります。噴出する水の処理や水道が止められることでの付近住民への被害により、配管工事の会社が支払う賠償額は莫大なものとなるでしょう。そのため図面は常に正確に記さなければなりませんが、人の手で作成すると人為的なミスは避けられないので、何度も書き直すはめになります。作業時間も長くなるので、水道図面作成で一日を消費してしまう会社も多いでしょう。業務の遅れはそのまま会社への損益となるので、問題となるのです。図面を作成できる水道図面CADシステムを導入することで、図面作成における負担を軽減できるでしょう。コンピューター処理で図面を作成するため、人為的なミスもなく迅速かつ正確に図面を作成できるのです。

水道図面CADシステムで図面を作成する場合、さまざまな点でのメリットが得られます。水道管工事による内容の変更がなされれば、従来通りの手作業での図面作成ですとまた一から図面の作成を行わなければなりません。しかしCADシステムの図面はデータであるため、図面に変更点があればその都度簡単に修正することができます。線の角度調整まで精密に行なえるので、修正後も正確な図面を作成できます。また、紙を使用しないことから、図面作成時に使用する紙類のコストを削減できます。紙一枚のコストは安いものですが、毎年大量に使用するものなので、気づかぬところで会社への負担となっているものです。データで作図ができるので、図面の紙やコピー用紙の使用も抑えられます。また、CADシステムの図面データをメールで送信することもできるので、共同で工事を行なう別の会社や顧客に説明を行なう社員へ詳細な図面データを送ることもできるでしょう。今まで紙面での作成に慣れている人であれば慣れるまで時間が掛かりますが、一度使い慣れれば格段に業務スピードをアップさせられます。